仲本詩菜Official Blog☆いつでもたのしいな☆

出演情報 舞台『ジョーカー・ゲームⅡ』 (木, 17 5月 2018)
舞台『ジョーカー・ゲームⅡ』に出演させていただくことになりました。 舞台『ジョーカー・ゲームⅡ』 吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞をダブル受賞し、シリーズ累計120万部を突破する小説『ジョーカー・ゲーム』(柳広司著)。 2016年4月、アニメーション制作会社Production I.GによってTVアニメ化され、好評を博しました。 2018年6月14日(木)~20日(水)
シアター1010
6月23日(土)~26日(火)
大阪メルパルクホール 舞台『ジョーカー・ゲームⅡ』 2018年6月14日(木)~20日(水)
シアター1010
6月23日(土)~26日(火)
大阪メルパルクホール 昭和12年秋、帝国陸軍の結城中佐によって設立されたスパイ養成部門“D機関”。 超人的な選抜試験をくぐり抜けた機関員たちが、魔術師の異名を持つ結城中佐の指示のもと、世界各地で暗躍するスパイ・ミステリーです。 2017年5月に初の舞台化。、アニメの「ジョーカー・ゲーム(第1・2話)」「柩(第11話)」をベースにオリジナルストーリーを交えながら上演。 公演チケットは即完売、千秋楽ライブビューイングも実施しました。   第二弾公演となる今作では、 目立たぬ事を旨としているスパイにとって殺人および自殺は最悪の選択肢とし、「死ぬな、殺すな」を掲げる“D機関”と真っ向から対立する、帝国陸軍の精神を備え陸軍士官学校を卒業した生粋の陸軍軍人で構成され「躊躇なく殺せ、潔く死ね」を掲げる陸軍諜報組織 “風機関”が登場。   「ダブル・ジョーカー」はいらない―どちらか失敗した方がスペアだ    諜報戦を制するのはどちらか、 極上のスパイエンターテインメントにご期待ください。   ■舞台『ジョーカー・ゲームⅡ』 ■原作:原作:TVアニメ『ジョーカー・ゲーム』 /柳広司『ラスト・ワルツ』(角川文庫刊) ■脚本・演出:西田大輔 ■キャスト 実井:木戸邑弥 甘利:山本一慶 田崎:奥谷知弘 波多野:松本 岳 神永:才川コージ 福本:前田剛史   蒲生次郎:君沢ユウキ 風戸中佐:合田雅吏   アーネスト・グラハム:和興 白幡樹一郎:須間一也   逸見五郎:宮下雄也 ヨーゼフ・ゲッベルス:村田洋二郎  ヘルマン・ゲーリング:岩澤晶範 レニ・リーフェンシュタール:大湖せしる   三好:鈴木勝吾   結城中佐:谷口賢志   アンサンブル: 伊藤あいみ 今井直人 書川勇輝 杉山健一 仲本詩菜 平野雅史 光永 蓮 米村秀人 ■チケット情報 一般発売 5月18日(金)12:00~ http://l-tike.com/jg-stage/   ■来場者特典 公演会場に貼られた「QRコード」を読み込むと、当日限定のビジュアル写真をご覧いただけます。 是非お楽しみに!   ・公演会場別限定写真(2種) ・公演日別限定写真(11種)   ■公式HP: http://www.marv.jp/special/jg-stage/ ■公式Twitter:@jg_stage ■公式Instagram:jgstage ■公演に関するお問い合わせ: 株式会社マーベラス ユーザーサポート TEL:0120-577-405(土日祝日を除く11:00~17:00) とても人気のある作品に出演することができて光栄です。スパイの舞台、ワクワクします。 今日から稽古。頑張っていってまいります。 よかったら観にいらしてくださいね^ ^
>> 続きを読む

音楽劇『美愁』を終えて (月, 07 5月 2018)
終わってから1週間が経ってしまいましたが 音楽劇『美愁』無事終演致しました。 image お越しくださったお客様、応援してくださったみなさま、キャスト、スタッフの皆さま 本当にありがとうございました。 素敵な作品に出演できて、温かいお言葉を沢山いただいて、幸せな日々でした。 お客様との距離が近く、しかもいろんな角度から観ていただきながら お芝居をするというのは本当に貴重な体験でした。 リアルタイムでお客様の息遣いがわかるので 一段と緊張しましたが お客様と一緒に世界を創っているような、一体感を強く感じました。 前のシーンのお芝居の空気がかなり残っているので その空気が変わっていくのも見え、 本当に当たり前のことなのですが みんなでお芝居を作っている、積み重ねている、バトンを繋いでいっている感じがものすごく強く、 お芝居ができる喜びを噛みしめる日々でした。 今回私が頂いた柚杞という役は 裕福な家の一人娘(と思っている)で 両親の愛情を一身に受け、何不自由なく育ち 誰からも愛される天真爛漫な可愛い女の子。 最初お話しをいただいたときは こんな可愛い役をいただいていいのだろうか、 私にできるのだろうか、とドキドキしました。   稽古が進むうちに 周囲の期待通りの「いい子の仮面」をつけ 常に皆に愛される心優しい自分でなくてはいけない、と思っている
柚杞の淋しさが心にすぅーっと入ってきました。 最後まで沢山悩んでしまったけれど 根気よく付き合ってくださった演出の寺岡さん本当にありがとうございました。 image   お父様(龍仁役の前田倫良さん)、お母さま(美羽役の佐保歩実さん)も普段から本当に優しくしてくださって 何をしても受け止めてくださって本当に感謝です。 前田さんは「元気!やる気!柚杞!」といって出る前に励ましてくださいました。 佐保さんはもう優しすぎる可愛い笑顔で包んでくださって心から癒されました。 大好きな家族(*^^*) image 虎太郎役(柚杞の婚約者)の山野靖博さんは悩んでるときに声をかけてくださったりアドバイスをくださったり 公演中も上手くいっていないところの相談に乗ってくださったりして本当にお世話になりました(:_;) 素晴らしい歌声でした。 image 鈴役の佐藤美貴さんと。美人すぎて最初は直視できませんでした笑 本当に気さくで優しくて面白くて・・・尊敬します♡大好きです。 image 音波役の鈴木美緒ちゃん。 ずっと一緒にいて稽古期間中何回カフェに行ったか・・・笑 お芝居ではあまり絡みはなかったものの、ちゃんみおに助けられた面がたくさんありました。ありがとうーっ♡ image   春海役の羽鳥友子さん。 いつも気遣ってくださって、お芝居の面でも普段からも羽鳥さんがいらっしゃる安心感に包まれていました。 モノマネもお上手で沢山笑わせていただきました(*ノωノ) image 風香役の平川はる香ちゃん。 年下なのに本当にしっかりしてる! はる香ちゃんの力の抜けている演技は本当にすごいと思います。 image   里山役の安田早希ちゃん。 いつも率先して裏方の仕事も頑張ってくれて本当にありがとう! 最年少で本当にかわいかったなぁぁ。 image 春海さんが見てる!笑 The Vanity'sメンバーで事務所が同じの音羽美可子ちゃん。 彼女がいると場が明るくなる。懐の飛び込み方が凄い。魅力的な女優さんです(^^) image     そしてThe Vanity's主宰で、脚本家で、主演呉葉役の瑞生桜子ちゃん。 初めてお会いした時から桜子ちゃんの意思の強いまっすぐな瞳の虜です。 凄い情熱の持ち主で、思わず付いていきたくなってしまう。 一つ年下なのですが本当に尊敬します。 imageimage   ピアニストの越智友博さんと二胡奏者の澤渡なおこさん。 アフターライブの稽古にもいつも付き合ってくださって感謝です。 素晴らしい演奏で毎回うっとりとしていました。 imageimageimageimageimage みなさん大好きだ!愛が止まらないよ。   そして本当に素敵なこの衣装を作ってくださったのは・・・ image 左から2番目の高山杏奈ちゃんと一番右の江口圭介さん。 才能溢れるお二人が手掛けた衣裳を着ることができて幸せでした。 image APOCシアターの劇場さんの猪俣さんと。 本当に居心地のいい素晴らしい劇場でした。またAPOCシアターに立てたらいいな。 image   また『美愁』で関わらせていただいた方々とご一緒できるよう もっといい役者になれるように精進してまいりますので 今後ともよろしくお願い致します。 本当にありがとうございました! image 近々次の舞台の情報が解禁ができると思いますので 少しお待ちくださいね(^^)  
>> 続きを読む